読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍谷大の岸政彦先生に手紙を書いた話

芥川賞発表前日の1月18日に龍谷大のemailアドレスに送信。

 

こんにちは

ご無沙汰しております

いちょうカレッジ受講生の(本名)です。

このたび岸先生が芥川賞候補

選ばれました事、誠におめでとうございます。

私達にとりましてもおおいに名誉なことであり、等しく喜びとするところです。

 明日東京にご出張ください。編集者と一緒に銀座で伝説のマダムがいた文壇バーで、受賞の知らせを待つ…。ついでに出版業界を見てください。

本能寺ホテルの原作者がなぜwebで訴えねばならないのか?

「考える人」で「沖縄での土人発言」について岸先生が原稿を、目取真俊、又吉栄喜、大城立裕、東峰夫又吉直樹にかわって書くことの意義は?

京都アバンティの本屋で、平積みされている現代思想最新号のななめに「さよならパヨク」が置かれている時代。沖縄ノート裁判に稲田朋美(現防衛大臣)が原告側弁護士で出てくる時代の出版社の状況は?

(私のつまらない妄想ですが共謀罪成立のために、排外主義団体が、共謀罪やむなしの世論を作るるために使われると思います。)

 先生のこのたびの芥川賞候補は先生を知る私たち生徒にとって、いわば当然の事といえるでしょう!

 明日、東京で新潮の編集者と受賞の喜びを分ちあうために、東京にご出張ください!先生は質問をすることができます!

 彼のご友人の方々ー特に解放同盟の専従職員や在日の人達ーが、このページを見ることを願います。