読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜井厚が谷富夫のいう事をまとめたら

桜井は谷(95)で谷富夫は「実証主義社会学の任務は、個性、実態の記述・解釈だけではなく、実態から引き出される『社会法則』の機能にもある」

「一般に実証研究では、仮説の研究を繰り返して法則を導き出していく。はじめに仮説がないと、研究は一歩も前に進まないのである」と明言し「ライフヒストリーの方法を実証主義アプローチとして」いる事

にちょっと違うのではと言っていると私は理解した。

インタビューの社会学―ライフストーリーの聞き方

ライフ・ヒストリーを学ぶ人のために(谷95)

新版 ライフヒストリーを学ぶ人のために私は新しか見ていない。(谷08)