読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90年代の新興宗教問題と宗教社会学者の共存関係

今書く論考は「仮」の考えです。

しばき隊(反レイシズム)社会運動擁護とオウム真理教擁護  

岸政彦=中沢新一

北田暁大先生=島田裕巳

 

レイシズム活動家達と大学の先生達は実際に接点があります。

その両方の属性の人もいます。

オウム真理教幹部と90年代当時の宗教社会学者は接点がないです。

しかし、現代社会を解説する学者として彼らは出てきます。

 

前者の社会運動は、人種気違い(by Eric Hoffer)への「カウンター・カルチャー・ムーブメント」でアメリカのブラックパンサー党か。

後者の社会運動は、アメリカならガイアナ人民党事件。

 成功する社会運動はどのようなものか。落とし穴はなにか。在特会と対抗するにはどうしたらいいのか。

社会運動の社会学 (有斐閣選書)