憲法集会での発言骨子

2019年11月4日3:34 作成

  • 24条9条の改憲と関係について 条文の理解
  • 24条の空洞化の大きく3つ 官製婚活 親学 親子断絶防止法案 官製婚活に含まれるイデオロギー注入としてのライフプラン教育批判からリプロダクティブヘルスライツと性教育。クリンチ(抱き着き)作戦をする安倍の保守反動政策と草の根右派団体。児相と連携している新しい社会的養護。これはNPOとチラシを見ていて気付いた。特に性教育でのクリンチ作戦が気になっているが。
  • 上はマクロで国がしていることで次に奈良のマクロで起きていること
  • その背後にある、日本の劣等処遇の原則と、社会権自由権憲法理解のされていない現状。新自由主義新保守主義、つまり政財界が進める税と社会保障の改悪による女性の活躍という言葉による「地域の嫁」としての利用
  • 終わりに、行動すること、連帯すること 学び続けること 啓蒙主義の左派は右派と変わらない。怒ることが大切

 

 

ユミソン氏の告発はささやかながら支持します

 北田暁大からセクハラ・パワハラを受けたと告発した在日コリアン女性現代芸術家、ユミソン氏の告発が不発である。水面下で女性たちが動いていると私は信じたい。

 日本のフェミ・社会学はこの程度であるから、ユミソン氏は「日本人大嫌いだ」日本のおまえらはアホであると言い切っていいと思います。

 

 何が『82年生まれキムジヨン』やねん、と。河出書房新社から出た韓国フェミニズム特集号で知識人が何を言い、何について今語っていないかチェックしたい。

 twitterでの批判で、「トランス女性差別」を声高に叫んだフェミが沈黙しているけどどうしたのかとあった。ここでのトランス差別とは、尾崎というおとこおんなが失言した事に対しての批判・拒絶がそれは差別だとなって論争がズレた事。差別者として批判された女性陣の側にセクシャルアサルトサバイバーがおり彼女らの懸念は潰された事があった。

 

 北田暁大はシステムの歯車としてアートで町おこし~♪、セグリゲーションの先兵ではと私は怪しんでいた。キーワードを挙げると西成区、「部落をアートで町おこし」。

 北田のような奴を切れない自浄作用のない組織はクソでどこにでもある構造です。

 

 私は奈良県知事荒井正吾は文化、芸術の名のもとに東京のTV知識人・タレント文化人を動員し官公需のイベントで需要を創造し、マスコミでの自分の批判を封じているのではないかと疑っている。

 その官公需に使われている一定の同じ顔ぶれの人々がいる。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1399957

女たちの21世紀でのトランス女性による寄稿 判決における李信恵の声明

  • 女たちの21世紀でのトランス女性による寄稿と論争 

 前回からブログ更新が途絶えた理由を述べる。 

 女たちの21世紀でトランス女性(ここではMtoF:男から女になった人の意味でとらえている)が文章を載せた。その人は奇矯な言動とふるまいが批判されている人だった。主にTwitterで。それで「炎上」し、『女たちの21世紀2019年6月号』は完売した。その論点はトランス差別だが「アグネス論争」を見ているようであった。。トランス差別だという人、反対側には尾崎のような人が女性の公共トイレ・風呂・スポーツジムに来ることは嫌だということを述べた人と交わらない論争をしていた。思想を掲げる学者とトランスアクティビストは、論争に勝って信用を失った。食い荒らされて無残な姿になるだろうって小谷野敦が指摘した事があたった。普通に暮らしている地味なFtoMが職場にてえらい目にあわされたり陰口叩かれたりするのは変わらないと思う。尾崎日菜子と少年ブレンダがオピニオンリーダーというか文化人になっているのがわからない。安易に論争に言及した学者も戦略ミスだった。

 

 李信恵の判決後の発言

 在日女性にカウンター運動の当事者としてなんでも背\\\負わせるのは間違いだが、判決後の彼女のtwitterでの総括は失望した。女性で在日コリアンであることで感じる圧力は大きいし、守ってやらない仲間も悪いと思った。今は、しんどい中頑張っているなと思う。

 

広島県の自治体連合が官製婚活募集

https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/60/renkeicyuusuukonkatusien.html
http://archive.is/xcG9U

市民はチェックしてください。棚橋美枝子さんは申し込む?要件を満たさないから無理。2と3と4に違反してるから。

ViviTシャツよりBebe rexha Tシャツが欲しい

https://www.instagram.com/p/Bxs2lZdFlaH/?hl=ja

My vagina my choice
My pussy my choiceの上をいく。

Vivi 自民党#2019電通糞広告代理店仕事
http://archive.is/tbcgE
https://www.vivi.tv/post33579/

岡崎源太郎呉市議を検索して

https://peaceroad.club/%E6%AD%B4%E5%8F%B2/peace-road-2016-in-japan/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%B5%84%E7%B9%942016/
archive.is

 岡崎源太郎呉市議の名前がネットにあった。統一協会系の団体によるイベント事業。2016年のピースロード広島の実行委員会の副委員長って正式サイトにある。Twitterから知った。
 

フィンランドの助産実践と教育ーネウボラは本当に切れ目のないケアか?

 ツイッターネウボラを持ち上げてすすすめている人達がいるのでその批判をするために書く。あれは家庭教育支援法案の一種になりうる。今ある公務員の保健婦助産婦の人員を増やすのではない。格差が大きい日本と社会保障が充実した北欧と全然異なる。

 

フィンランド助産実践と教育ーネウボラは本当に切れ目のないケアか?」助産雑誌vol.71 no.02 February高崎健康福祉大学大学院医療保健学研究科助産学大石 時子論文にフィンランドの医療の背景が載っていた。 

 

 フィンランドの国のシステムと人口密度が違うのにネウボラが持ち上げられる風潮に批判的な論文がこれだった。

日本には官製ワーキングプア、過労死という言葉がある。フィンランドパソナはないだろう。

 この大石時子の論文によると、フィンランドの妊婦健診は保健師がするとある、人口密度が低く、医者・病院はすべて公立で無償とはいえ自宅からすごく遠い。

 人口13万7400人のユバスキュラ市に13のヘルスセンター(中規模病院)と14のネウボラ。単純計算したら1つのヘルスセンターで10569人の人間見るってこと?

 この論文133ページ目にあるPerinatal Statistics 2015から引用されたフィンランドの病院診療区ごとの産科病院、少なくないか?国の規模が違うので比較にならないのか?奈良県橿原市の人口はネットで拾った統計(平成26年10月1日人口)では125,147人だ。奈良県で五番目に人口が多い。グーグルで橿原市産婦人科を検索したら奈良県立大学病院を入れて10件は出てくる。北欧フィンランドは病院を選ぶことができない。

 医療のシステムからして異なり、産科のシステムも異なる。フィンランドでは病院が遠い。医者の代わりをネウボラ保健師がしている。妊婦健診をネウボラに詰めてる保健師がする。助産師が出産をみる。高度な教育を受けている。要は医者が家の近所にいない。見学したネウボラでは8人の保健師が年間250件のケースを担当とある。数が少ないだろ。250人を8人で割ってさらに12か月で割ると1か月2.60人?日本の保健婦と労働環境が違いすぎるのでは。

  私は日本の「ネウボラ推し」は家庭教育支援法案の発想でくると危惧している。公務員の保健所保健婦助産師が常にいるのではなく、時給バイト非正規雇用で専門職雇う。有償ボランティアで「こんにちは赤ちゃん訪問」だと思う。

ツイッターネウボラ言うている奴はアホちゃうか?国が私たちのためになす政策で今まで良いものあったか?

 助産雑誌掲載論文なので助産師側に立った視点で書いている。日本の助産師とは全然違う。