読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石破茂による自衛隊と日本ミツバチのアナロジー

文藝春秋2009年7月号

石破茂/ローワンジェイコブセン 対談

『「農作の命綱」ミツバチ大量失踪の謎 欧米につづき、日本のハチもいなくなった。生態系に何が起きているのか』

 この中で、石破は唐突に自衛隊と日本ミツバチのたとえを出す。

この記事を読んで、オタの石破茂ダメだ完全に、と私は思った無理。

ところで2017年1月末に話題になったトンデモの日本会議系道徳本。

togetter.com

はてなブックマーク - 山口智美さんはTwitterを使っています: "服部先生の道徳本の感想。「本書を読んでいて最も目を惹かれたのは、スズメバチに全滅される西洋ミツバチと、団結してスズメバチを撃退する日本

 他人様のtwitterで知ったが在特会のマスコットはミツバチ(画像はお借りしました)。日本ミツバチと自衛隊の例えから作られた意匠ではないか?2009年7月の石破対談より前に雑誌で日本ミツバチの行動と日本人・自衛隊を同列に例えた話はあるのか?調べます。石破もそういう思想に染まっている。石破茂はダメなヲタク、軍オタで、首相になんて無理だと思った。

f:id:banzaic:20170305104931p:plain

文藝春秋 2009年 07月号 [雑誌]

 

金出して読んでも無駄だと思った。でも役に立った。8年越しだ。