読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が読みたい世界文学

 2017年1月14日(金)日経新聞夕刊文化面

文学周遊546 吉田スエ子「嘉間良(かまーら)心中」

Short Stories in Japanese: New Penguin Parallel Text

 

オキナワ 終わらぬ戦争 (コレクション 戦争×文学)

オキナワ 終わらぬ戦争 (コレクション 戦争×文学)

 

新装版 沖縄文学選  日本文学のエッジからの問い 

ペンギンブックスで2011年日本語の短編小説で紹介された。書評家のマイケルエメリックが村上春樹川上弘美とともに選んだ。

 

私が読みたいと思っている小説のメモを書く。先生がモデルの。  

 

パリ11大学の教授の処女小説がゴングール賞候補になる。

チュニジアの風俗嬢がそのことをiphoneで知る。

「こいつわたしのことかいてる!」怒りを込めて全世界にtweet。

パリ市マドレーヌ地区のセックスワーカーアクティビスト達がskypeで女どうして連絡をとってから研究室に押し寄せる。郊外(バンリュー)住まいのyoutuberがパリ3区の書店に火を放つ動画をうPして一躍有名になる。

「ポストモダニストがカスなのではない。サルトルだって。カスなのだ。」Facebookサウジアラビアの女性活動家と、ワシントン反トランプデモ女性運動家が話し合う。

そんな本が私は読みたい。この世界にすでにある?無くても、同じことを考えている人が世界に5人いる。 

 

灯台へ/サルガッソーの広い海 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-1)

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集【全30巻】